平成29年度第10回鮭川鮭有効利用調査のご案内

募集人員一日 50名 延べ650名

採捕従事者の決定は「往復はがき」先着順となります。

調査日程

10月28日(土)10月29日(日)

11月3日(金祝日)11月4日(土)11月5日(日)

11月11日(土)11月12日(日)11月15日(水)

11月18日(土)11月19日(日)11月22日(水)

11月23日(金祝日)

11月6日(月)は仙台市のストーク様フライングのみです。

釣獲エリアは鮭川橋より下流米坂橋間約5.5㎞区間

料金は一日6,000円・二日11,000円・三日以上一日5,000円

料金には傷害保険、昼食、お土産等が含まれます。

開催要領は例年の通りですが天災事変等により委員会の判断で調査を中止する場合以外は料金の返戻は致しませんので

ご了承願います。また、申し込んだ調査日の変更は原則できませんのでご承知ください。

申込は必ず「往復はがき」に住所、氏名、年齢、性別、電話番号を記入の上、早めにお申し込み下さい。一枚に2名まで記載可能です。

締切は9月10日となっております。

なお、募集開始早々恐縮ですが11月11日と11月12日は既に満杯となりましたので、それ以外の日にお願いいたします。

〒999-5312

山形県最上郡真室川町大字新町字天神460番地

最上漁業協同組合内

鮭川鮭有効利用調査委員会 事務局

℡0233-62-20478 FAX同

 

平成29年度あゆ調査釣りについて

6月25日(日)9時から12時まで3時間、6名の組合員で3班に分かれて7月1日の解禁を前にあゆ調査釣りをおこないました。結果は以下の通りです。

金山川 安久土橋付近 45尾 13.5cm~16.0cm

真室川高沢橋付近   29尾 14.0cm~15.5cm

真室川新橋付近    65尾 11.0cm~17.0cm

石名坂頭首工下流   52尾 13.0cm~16.0cm

計191尾  全般的に魚影は濃いようですが、当然のことながらまだ少し体長が足りない状況でした。

平成29年度稚あゆ天然遡上良好

5月23日石名坂頭首工下流に天然遡上稚あゆが帯状に溜まっている。更に左岸魚道の最上段二人で目視、相当量の稚あゆ遡上が確認されましたので今年は期待できると判断しております。

ただ、昭和55年に設置された石名坂頭首工が遡上を阻害しているため、右岸に遡上して上流に遡上出来ずにいる鮎の量が多く長年、魚道の改善を要望しているが全く改善されず困却いたしております。

最上漁業協同組合の業務運用時間が変わります

監督官庁より、現行賃金対応の勤務時間の変更について支持されましたので、下記の様に業務時間が変わりますのでお知らせいたします。

新  始業 午前9時     終業 午後4時

旧  始業 午前8時30分  終業午後4時30分

なお、前後30分づつ短縮なりますが、各位のご都合を事前にご連絡頂ければ対応出来るものは対応致しますのでよろしくお願い致します。

 

遊漁料、遊漁証販売所情報を更新しました

遊魚規則ページ「遊漁料」が変更になりました。
遊漁証販売所ページを更新しました。